イメージ画像

探偵の撮影

探偵に依頼したことがない方、探偵についての知識がない方はご存じないかもしれませんが、探偵は尾行・張り込み中に撮影を行います。

浮気の証拠写真等を思い浮かべていただければわかりやすいと思いますが、証拠保存や依頼者に対して仕事の報告をするために切り離せないのが、ビデオカメラやデジカメによって対象者の行動を撮影することなのです。

この探偵の撮影はもちろん対象者には黙って行われます。いわゆる隠し撮りです。

言わずもがなですが、尾行して撮影していることを対象者に知られてしまっては調査にならないからです。

この探偵の撮影は「盗撮」であり「犯罪」なのではないか?と考える方もいらっしゃるでしょう。

特に探偵に調べられた人、中でも浮気の証拠写真を隠し撮りされた人が後でその写真を見たら、「盗撮だ」「犯罪だ」と言いたくなるでしょうね。

何が盗撮となるのか

世の中には盗撮で実際に逮捕されている人がいるわけですが、逮捕されなければ探偵は盗撮してもいいのか、と言うことではありませんし、盗撮だから探偵は撮影してはいけない、と言うことでもありません。

盗撮犯罪で逮捕される人のケースを思い浮かべてみてください。

よくあるのは、エスカレーター等で女性や女子高生のスカートの中に後ろから携帯やミニカメラを差し込んで盗撮するケースです。

このケースで逮捕の法的根拠となるのは各自治体の「迷惑防止条例違反」となります。

「通常、衣服で隠されている人の下着または身体を撮影する行為」が同条例違反に該当します。

つまり上記の女性のスカートの中を盗撮する行為は、通常、衣服(スカート)で隠されている下着を撮影する行為となり、迷惑防止条例違反(犯罪)となります。

また、風呂場やトイレ等、人が通常、衣服を身につけないでいる場所を覗き見る行為は「軽犯罪法違反」となります。

もちろんそのような場所を盗撮した場合も該当します。

現状で犯罪として明確になっている盗撮は上記2つの法律だけであり、隠し撮ることそのものを犯罪とする法律は存在してはいません。

探偵の調査が対象者の行動を調べる目的であるにしても、対象者の下着や裸を撮影するわけではありませんし、対象者の風呂場やトイレを覗き見るわけでもないのです。

無断で撮影された人の気持ちとしては不快な部分もあるかもしれませんが、「迷惑防止条例」や「軽犯罪法」に違反しない限り、盗撮は探偵に限らず原則として合法の範囲となります。

※但し、撮影したものを無断でインターネット等の公の場で公開してしまった場合は問題となります。

このページの先頭へ