イメージ画像

探偵が離婚のために揃える証拠

探偵の行う各種調査により、浮気の証拠を揃えて離婚するご夫婦は本当に多く存在する。離婚原因が「浮気」か「性格の不一致」では科せられる内容が全く異なるからである。協議離婚で取り決めを公正証書に残し法的に有効なカタチを残す場合には「離婚理由は重要なポイント」である。

もし、協議の結果合意が得られなければ「調停や裁判」とややこしくなる。

離婚理由も双方の主張があることから「全面的に片方の主張が受け入れられる事は少ない」と言える。このような場合には「主張の裏付けとなる証拠や資料の重要性が高まる」ことは言うまでもなく、離婚に至る経緯である原因が正当に認められる材料が多いにこしたことは無いといえる。

浮気の事実を知りながら証拠無く「離婚原因は浮気や不貞行為である」と主張しても「相手が認めなければ主張は通らない」が現実である。ここで初めて「浮気の証拠をとっておけばよかった・・・」と後悔しても仕方のないことなのである。

婚姻関係にある既婚者の浮気を世間が厳しく見つめる要因はここに存在している。もし、あなたの御主人や奥様がある日突然「離婚したい」との言葉を口に出し「思い当たる離婚理由がない」場合はまず「異性関係を注視する」ことが第一段階であろう。御主人や奥様の浮気が過去から継続的に続けられてきたならば「日常生活の行動で判断する」ことが手法としては有効であり「不可解な時間帯の存在」に気づき行動を把握することが重要なポイントなのである。

あなたが感情的になり「浮気しているだろう!」と問い詰めても認める方はいないと断言できる。なぜなら、浮気を認めてしまえば「浮気相手に迷惑がかかる」との感情が働き「御主人や奥様が浮気を疑っている事実を浮気相手が知り」行為を自粛する原因にもなり、結果として「浮気の証拠をとるチャンスも低確率化」することになりかねない。

このように感情的になればなるほど「悪循環に入る」傾向は理解していただける事だろう。本当に離婚を前提に浮気の証拠を探偵に取得させたいならば「日常通り御主人や奥様を泳がせて置く必要性が高く」浮気をする事に警戒心を抱かせる刺激はさけて「じっと我慢する時間」が調査期間中は絶対に必要な条件となるのである。

このような手法と手順を踏まえて探偵が浮気調査を実施し、浮気の事実があった場合には「高確率で浮気の証拠を取得出来る」ことになり離婚に必要な証拠が揃う運びとなる。

このページの先頭へ